2016年10月17日

How to use❤ 帯クラッチ?

帯屋Lです。この年末に大好きなシンガポールを離れ、シドニーへ引っ越します。
いつもはBBAの健康維持のための筋トレ情報や、思春期の息子、体と財布を張った美容ごとばかりブログに書いてますが、旅立つ前にお客様からの一番多い質問にお答えします。


帯クラッチを売り出して二年。じわじわと日本人やフランス人のお客様に普及していただいているのを感じていて嬉しい限りです。


(オランダクラブでの売り場)

いつも売り場にたって説明をさせていただいているのですが、私の商品はすべて京都から仕入れた(コストダウンのために関空から必死に担いで帰ってくる物がほとんど!)ヴィンテージ正絹帯から作っています。


帯は切る場所によってデザインが変わったり、ランナーやパネルの残りで作っているものたちばかりなので、世界で一つしかないものも沢山あり、どのクラッチバッグにも深い愛情を込めて制作しています。制作の殆どはシンガポールで縫子さんと二人ですませてますが、約30%は京都の母や和裁の出来る本帰国した友人に依頼しています。


(これは夏休みに京都の実家で母とパネルアートを作成するために留め袖を丁寧に解く様子

残念ながら今の日本では着物の文化が薄れてきています。私の実家もそうですが、タンスに眠ってる着物や帯の多いこと!母が私や姉のためにローンして用意してくれた愛情こもった着物たちですら、眠ったまま(涙)

私はそんな影に隠れている素晴らしい日本の文化の着物達をもう一度日の当たる場所に出してあげたいそして愛でてもらいたい!という思いでこの仕事を二年前に立ち上げました。そう、大声で私は叫びたい!デザイナーズブランドも勿論素敵、でも日本の着物、もっと素敵!
(ああ、これがPUJベンダーグループでHanaiki番長と呼ばれている所以の根っこです)


そんな秘めたるあつい思いをシドニーへ旅立つ前にみなさまにお伝えしたく、販売の現場で日本人の方からよく聞かれる質問を、お客様たちから頂いたコーディネート写真例で帯クラッチの使い方で紹介をします。

一番多い質問。(ほぼ毎回聞かれます)
クラッチバッグ、いつもったらよいかわからない」
いつでもいいんです。ちょっとしたお洒落のアクセント。お友達とのランチや、送別会、はたまた旦那様とのデート。一人でコーヒー飲みに行く時間、美容室に行く時間。
いつも肩からかけてるカバン、そんなに荷物入ってないことないですか?

そう、たまには重い荷物を置いて外に飛び出てみてください!






「荷物はいるの?」
→はい、意外と入ります。
西洋人はお財布すら入れず、クレジットカードと携帯、リップスティック、この3つが入ればいいといいます。Sex and the cityな世界ですな。そのリクエストから生まれたのが幅13センチのスキニークラッチ↓ですが、


通常のクラッチやデニムクラッチは長財布、携帯、鍵、口紅、はたまたiPadまで入るものがございます。「これ以上何を持って歩く必要があります?」と逆に質問することもしばしば(お許し下さいね❤)。はい、女子はそれだけでいいんですよ。

通常クラッチタイプ&デニムクラッチはipad 余裕。なのでお子様連れてのレストランなども可能。いっそ重たい荷物は旦那様に持たせちゃいましょう❤

↑たくさん入るクラッチ。黒白の地味なコーディネートのフォーカルポイントになります。金色の靴とだけ配色を合わせましたよ。


このサイズは電子書籍のキンドルが入ります↓


デニムに至っては折り目期にしなくてよいので、変幻自由なので割と何でも入っちゃいます。


「どんな洋服に合わせるの?」(ドレッシー版)
帯屋のオススメはシンプルな洋服に。例えば黒や紺のドレスやベージュのドレス。シンプルであればあるこそ、帯クラッチはアクセントになります。それは生花と同じ。フォーカルポイントが大事です。なのでアクセサリーも控えめで十分、悩まなくてもいいんです。
ただただシンプルに、そしてクラッチバッグで華を添える。






「どんな洋服に合わせたらいいの?」(カジュアル版)
はい、デニムでいいんです。帯屋はいつも青や黒のデニムにTシャツでクラッチを持ちます。それもまたシンプルであればあるほど可愛い❤そう信じています。

↓昼間はビタミンカラーがシンガポールに一段と生えます。


↓Issa の水引ピアスと相性抜群❤
(Issaは次は11月21日高田に一緒に出店します)





でもそんなビタミンカラーになんて挑戦できないわ!ってかた。ご安心ください。地味子代表帯屋はこんな大人っぽいのが好みで、実は地味カラーばかり色を変えて持っています。






(どんなけ地味やねん!って自分で突っ込みたくなるくらい地味。。。)

大きめのアクセを使うときは配色だけ注意してください。
クラッチの中にある色と同じアクセを使うことで、うまくコーディネートできちゃうんですよ。


↑レポティカのタッセルネックレスとは10月19日にDANSKSGで販売していますから、その場でコーディネート可能。


帯は高いというイメージが日本人にはあります。はい、日本で新品帯を買うと御存知の通り高いです。
怖くて聞けないそのクラッチのお値段、高いんでしょ?
気になるお値段、正絹デニムクラッチ$98、正絹クラッチ$198。
どうですか?高い?安い?人それぞれだと思いますが、某ブランドバッグよりは断然お安いです♬


帯クラッチの使い方、ちょっとイメージつきましたでしょうか?ランチや送別会でも人とかぶることがないクラッチバッグ、興味を持たれたらぜひこの機会に手に入れてみてくださいね。コーディネートの相談は帯屋Lがシドニーに引っ越しまでは何時でも相談に乗れます♬



新作を沢山持ってくる帯屋の10月のPop Up 情報はこちら
10月18日(8時半〜15時過ぎ)


10月19日(10時から14時半)


そして10月20日から11月3日までは高島屋B1催事場にてジャパンフェアーにアートのみ参加してまーす。

↓12月までがんばります、応援クリックよろしくお願いします↓


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村


シンガポール ブログランキングへ

★ランキング頑張ってます★

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ